藍鵲的南亜細亜・美麗島

藍鵲 写真の鳥が台湾藍鵲です。 台湾藍鵲(ヤマムスメ) (学名 Urocissa caerulea、 英語名 Formosan Blue Magpie) カラスと同じカラス科の鳥であるが、胴体が鮮やかな青色で、 頭、胸、頸、喉が黒色で、足、嘴が赤色で、目が黄色の虹彩 である。また、長さ40センチに達する尾羽は、中央にある 最長の二本が鮮やかな青色で、残る尾羽が黒色で、尾先が 白色である。 台湾藍鵲は海抜300メートルから1200メートルまでの闊葉樹林 に棲息。 常に小さい群れを作り、林間を飛び回る。 カラス科の独特な鳴き声―ガアガアと鳴る。 雑食性の鳥類に属し、果物の中でパパイヤが一番好きである。

地理 歴史

美麗島の東側  七腳川事件

手元に花蓮在住の片桐氏の著された
「花蓮を中心とした東台湾開発の歴史」
副題ー「台湾人が親日的な理由」を解き明かすー
東台湾

そして、台湾吉安郷公所発行
「魅力
吉安」という2冊の冊子がある。
吉安1
「魅力吉安」の日本移民関連頁
吉安2

清の時代の古地図を見ても西側のみで中央山脈でお終い。

藍鵲が初めて美麗島に行った時は西海岸部から東海岸部に
行く鉄道は未建設で東部は地球の裏側のような遠さがあった。
それだけに美麗島東部の知識は原住民が多いことくらいしか
なかった。
「花蓮を中心とした東台湾開発の歴史」を読んで
七腳川
事件」も初めて知った藍鵲。
(「七腳川」は現在「吉安渓」呼ばれている)

七腳川件関連

おおまかに言うとこんなかんじの事件です。

http://asia-bunka-tsushin.com/?p=490

http://blog.goo.ne.jp/ainunews/e/486e72a520b8e4be61e891b780c18966

日清戦争の結果、日本の植民地化した台湾。
日本はまず最初に漢民族系の多く居住する西海岸側制圧に
約20年を費やした。
しかし険しい中央山脈、勇猛な原住民の居住地域東海岸側を
制圧するのはそれ以降になった。
植民と経営後発の日本は列強の植民地経営を学習したようで、
制圧に屈し帰順した原住民を
と徹底抗戦する原住民征伐に
利用
した。しかし、七腳川事件」では
「帰順組と徹底抗戦組」が戦いの半ばで手を結び、
大規模な抗日事件を起こしたのだ

「七腳川事件」の結果、先住の原住民は強制的に移住させられ
空き地となった土地に日本からの農業移民が入植し
吉野村などの日本人村が作られてゆきます。


七腳川事件に関する報道番組


原住民からみれば
七腳川事件」はこうなるのです。
http://tw.myblog.yahoo.com/rina-hem/article?mid=75

七腳川
事件紀念館もあります
http://www.abohome.org.tw/index.php?option=com_content&view=article&id=4341:2009-12-01-04-28-28&catid=73:2008-10-22-22-16-20&Itemid=132

「理蕃」と呼ばれた原住民制圧の戦いがいかに凄惨だったかは、この
資料の12頁からの従軍記をお読み頂ければよくわかると思います。
http://dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/bitstream/2065/13087/1/AjiaTaiheiyo_09_00_008_Goto.pdf#search=%27%E4%BD%90%E4%B9%85%E9%96%93%E7%B7%8F%E7%9D%A3%20%E7%90%86%E8%95%83%27


吉野村移住関連

吉野村関連などの当時の新聞記事(時系列)

大正6年(1917)
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?METAID=00472075&TYPE=IMAGE_FILE&POS=1

大正11年(1922)
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?LANG=JA&METAID=00490353&POS=1&TYPE=IMAGE_FILE

(参考:大正11年開通花蓮台東間列車関連)

http://ktymtskz.my.coocan.jp/agia/daito.htm

昭和3年(1928)
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?LANG=JA&METAID=00474308&POS=1&TYPE=IMAGE_FILE

昭和10年(1935)

http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?LANG=JA&METAID=10025779&POS=1&TYPE=IMAGE_FILE

移民を送った側(徳島)からの考察 
(PDFをAdobe等で開けて読んでください
www.lib.tokushima-u.ac.jp/repository/file/54455/20120223145904/LID201202232001.pdf#search=%27%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E6%9D%B1%E5%8F%B0%E6%B9%BE%27

吉野村は現在「吉安郷」と言う地名になっています。
日本統治時代の吉野村建造物を残す運動も行われています。



西元1917年,日人為了安定遠渡重洋開墾思念故鄉的日本民心,
為了提供一個讓日人移民安定的力量,也為了傳教,
一位名為川端滿二的長者,於是決定在此籌建屬日本真言宗
­野派的『吉野布教所』,即現今的『慶修院』。
慶修院在當時除了是日人的精神信仰中心外,並具備了醫療所、
課堂室及喪葬法事服務處等多種功能



吉野村のお隣、花蓮関連


花蓮港の「港」工事中の動画(7分過ぎから)


日治時代にあった神社跡
http://blog.goo.ne.jp/jinjya_taiwan/c/07472cdd73ebc9421a8ec327bf3ef188/3


参考 台湾の原住民
http://www.dmtip.gov.tw/JP/amis.htm


参考 当時の生活記録 特に3を
ww3.kumagaku.ac.jp/research/fa/files/2011/11/4d169cf22f35eb5f4f4ef0ffcde81849.pdf#search='日本統治下の花蓮港'

参考 片桐さん
HPは http://shinyi.net/





長栄航空 機内音楽「雨夜花」「望春風」

「雨夜花」・「望春風」 長栄航空編


長栄(エバ-)航空の離着陸前後の機内で流れる

「雨夜花」と「望春風」を聞くだけで大満足。

ほかのサ-ビスはなにもなくてOK、OK。
 

1970年代初頭。
長距離バスで北から南まで
美麗島貧乏旅行。

最後は飛行場までの交通費しかなく

ホテルの従業員が超割引で宿泊させてくれた。
その上いろいろの人にご飯も食べさせてもらったり、

お祭りだから遊びにおいでと誘われ、

近所の人々が集まる盛大な酒盛りの

仲間入りもさせてもらいました。

 ありがとういっぱい。


おみやげは大昔のことだからレコ-ド。

著作権の問題でレコ-ドはすべて海賊版扱いで

当時日本持ち込みは禁止。

若気の至りで密輸したレコ-ドは、

東南アジアではすでに大スタ-だったけれど

日本デビュ-前の10代の鄧麗君(テレサ・テン)。

お宝かな?


そして、台湾語の美麗島の曲。

そのレコ-ドに含まれていた曲に

「雨夜花」も「望春風」もありました。

これらの台湾では知らぬ人ない超有名曲は、

もちろん頭の中にバッチリすり込まれ、

大好きな曲となりました。


そして、長栄(エバ-)航空の離着陸前後の機内で流れる

「雨夜花」と「望春風」は当然自前の長栄交響楽団のもの。


長栄航空 機内音楽



長栄交響楽団 音が悪いけれど



「雨夜花」も「望春風」また機内で聞きたいな。


☆    ☆    皆さん聞いてね    ☆    ☆


       雨夜花 昔はこのようなレコードが

お土産用にありました。

ピアノバージョン 

写真は作曲者 鄧雨賢



望春風 台湾語版

ピアノバージョン




日本語哀愁版「雨夜花」・「望春風」

「雨夜花」・「望春風」 日本語哀愁版編


メロディ-良かったけれど歌詞が解らない、

訳詞はとのご要望があり、

「雨夜花」・「望春風」の日本語版編を。


「雨夜花」・「望春風」には昔から

日本語版があります。

長栄航空編は台湾語のみ、

日本語版編は日本語に重点を置きました。

音楽は現地の言葉によるものが一番。


日本語版の裏には、当時の日本の国策があります。

最初から日本語版で

郷愁を誘い美化する事には大変抵抗があります。

(時局歌の項参照ください)


『雨夜花』 詞:周添旺 曲:鄧雨賢

    原曲の歌詞              (日本語歌詞の要約)

   雨夜花 雨夜花 受風雨吹落地     (雨の降る夜に 咲いてる花は)

   無人看見 每日怨嗟 花謝落土不再回 (濡れて揺られて ほろほろ落ちる)

   花落土 花落土 有誰人倘看顧      (紅がにじんで 紫ぬれて)

   無情風雨 誤阮前途 花蕊哪落欲如何 (風のまにまに ほろほろ落ちる)

   雨無情 雨無情 無想阮的前程 (明日はこの雨 やむかもしれぬ)

   並無看顧 軟弱心性 乎阮前途失光明 (散るをいそぐな 可愛い花よ)

   雨水滴 雨水滴 引阮入受難池 (雨に咲く花 しんからいとし)

   怎樣乎阮 離葉離枝 永遠無人倘看見 (君を待つ夜を ほろほろ落ちる)


『望春風』 詞:李臨秋 曲:鄧雨賢

    原曲の歌詞             (日本語歌詞の要約)

   獨夜無伴守燈下 清風對面吹 (一人過ごす夜 灯下にて清風を受ける)

   十七八歲未出嫁 見著少年家 (まだ嫁がぬ十七八歳 青年と出会う)

   果然標緻面肉白 誰家人子弟 (色白の整った顔立ち どの家の人かしら)

   想要問伊驚歹勢 心內彈琵琶 (問いたくとも口に出せず 胸が高鳴る)

   想要郎君作尪婿 意愛在心裡 (彼と結ばれたい 恋心を抱く)

   等待何時君來採 青春花當開 (迎えにきてくれるかな 美しき青春のうちに)

   聽見外面有人來 開門該看覓 (人の気配に 扉を開ければ)

   月娘笑阮憨大呆 被風騙不知 (風の音だよと 月が笑う)


  _(_^_)_

    最初にこれを読んでから聴いてね



☆望春風  
版権の都合で日本語版が削除の連続
嫌いな歌唱と訳だけれど


☆演奏のみだけれど画像も好み

蕭泰然は台湾のラフマニノフだそうです。





参考資料


文 献 

台湾語歌曲について(学問が好きな方へ)

音 源 (貴重品) 



☆おまけだよ 興味のある方には 

    江蕙+Placido Domingo

 雨夜花(Placido Domingo歌唱 3分過ぎ位から)


     台湾語ス-パ-スタ-歌手 江蕙 については 

http://www.geocities.jp/uma980/main.htm


戦前の美麗島の地図

日本統治(日治)時代は高砂族と呼ばれた
美麗島の原住民の資料を調べる上で、
日本の統治時代の台湾の地図と
現在の美麗島の地図をクロスオーバー出来る、
無料サイトはないかとNET徘徊した。
美麗島ではこの種の地図が販売 されているのだけれど
いかんせん高く、さらに持ってくるのが重くて・・
日本で買えるものは超高価でおいそれとは買えない。
徘徊しているうちに、地図 は版権問題で
無料サイトには出にくいなどという説明もあり
気分は凹。こんなの見つけたくらい。

美麗島割譲頃の地図
日治時代の台北地図2万5千分の1

ようやく見つけたサイトは有料のサンプル版でした。
ここの中段(地図)と下段(google map)は
日治地図をクリックすると重ねられる優れもの
それにつけても
日本統治時代派出所がなんとの多いこと。



日治時代だから当然日本制作地図もあるのですが、
これは軍機密。今は電子化されて一部が閲覧可能です。

例えば霧社事件の霧社の5万分の1の地図(昭和13年修正)
http://dbs.library.tohoku.ac.jp/gaihozu/ghz-dtl.php?fm=l&ghzno=TH500819

そうこうしているうちに、こんな地図を発見。
終戦直前の米軍の地図です。
軍事施設や官公庁、学校と病院が詳しく記載されている
所を見ると、空爆用の地図ではなかったのかと思う。
大東亜戦争で美麗島は米軍の空襲を受けています。

台北市 日本の町名がローマ字表記されている。
http://www.lib.utexas.edu/maps/ams/formosa_city_plans/txu-oclc-6565483.jpg

その他の台湾の都市はここから見ることが出来ます。
http://www.lib.utexas.edu/maps/ams/formosa_city_plans/

終戦後は日本の地図も発行されています。
サンプル 東京 日本橋
http://www.lib.utexas.edu/maps/ams/japan_city_plans/txu-oclc-6549645-12.jpg

昭和30年代の東京の地図と写真が
一緒に見ることも出来ます。

http://showa.mainichi.jp/map/

究極の地図はパラパラ地図。

南インドへ行きたい

元来、経済や会社とか国家なんて概念は

ほとんど持ち合わせていないし、

普通の日本人から見れば非常識と思われるような

時間の使い方をしている。

明るくなったら起きて、暗くなったら

お酒でもきこしめし、そのまま床にごろりんこ。

南国時間がぴったり合うのです。

春夏秋冬の季節のうつろいより、

年中夏で短パンとTシャツの生活の方が好き。


今日も以前から憧れていた南西インド

「ケララ州」の情報を見ていて血が騒いでいます。

まずは予備知識

      地図

      自動翻訳なのか心和む日本語のご案内

 「ケララ州」に行ってバックウォーターを

ハウスボートでのんびりとクルージングが夢。

物見遊山はしないのだ。





ご婦人方ご一緒しませんか?(^^)/~~~



いつものように音楽を探したけれど

これがその・・言葉が・・・ 

          keralam








このタイトルにまか不思議な文字が出現

 http://www.omniglot.com/writing/malayalam.htm

ケララ州の言葉だそうです 





 




韓国多島海

辞書を片手に紙と鉛筆で恥を忍んで必死になんとかできるのは「日本語・英語・スペイン語・中国語」だけ。そんなわけでお近くアジアの韓国やタイやベトナムなどは紙と鉛筆が通用しないのでどうにもしようがない。

のんびり田舎町が大好き。い大都会が大嫌い。海岸は大好き。内陸や山岳は大嫌い。四季がなく暖かい所は大好き。寒暖の差があり寒い所は大嫌い。

韓国でも行きたいのは、来年の海洋博を開催する麗水近辺の韓国多島海。豊臣侵略軍を撃破した李舜臣将軍水軍の本拠地ですね。

海洋博デモ画像

こういう画像探すのに言葉が出来ない。でも探してしまう。
お友達の故郷南海も出てきた。


毎年10月、全州で開催の国際発酵食品エキスポ。
左が発酵食品エキスポ右がフード観光フェスティバル
どちらもクリックしてね
http://www.iffe.or.kr/

フード観光フェスティバル
http://koreafoodfestival.or.kr/2011_japanese/SubPage.html?CID=pages/program01.html

どうしても日程が合わなくて今年も断念。
無念・残念。





  • ライブドアブログ