手元に花蓮在住の片桐氏の著された
「花蓮を中心とした東台湾開発の歴史」
副題ー「台湾人が親日的な理由」を解き明かすー
東台湾

そして、台湾吉安郷公所発行
「魅力
吉安」という2冊の冊子がある。
吉安1
「魅力吉安」の日本移民関連頁
吉安2

清の時代の古地図を見ても西側のみで中央山脈でお終い。

藍鵲が初めて美麗島に行った時は西海岸部から東海岸部に
行く鉄道は未建設で東部は地球の裏側のような遠さがあった。
それだけに美麗島東部の知識は原住民が多いことくらいしか
なかった。
「花蓮を中心とした東台湾開発の歴史」を読んで
七腳川
事件」も初めて知った藍鵲。
(「七腳川」は現在「吉安渓」呼ばれている)

七腳川件関連

おおまかに言うとこんなかんじの事件です。

http://asia-bunka-tsushin.com/?p=490

http://blog.goo.ne.jp/ainunews/e/486e72a520b8e4be61e891b780c18966

日清戦争の結果、日本の植民地化した台湾。
日本はまず最初に漢民族系の多く居住する西海岸側制圧に
約20年を費やした。
しかし険しい中央山脈、勇猛な原住民の居住地域東海岸側を
制圧するのはそれ以降になった。
植民と経営後発の日本は列強の植民地経営を学習したようで、
制圧に屈し帰順した原住民を
と徹底抗戦する原住民征伐に
利用
した。しかし、七腳川事件」では
「帰順組と徹底抗戦組」が戦いの半ばで手を結び、
大規模な抗日事件を起こしたのだ

「七腳川事件」の結果、先住の原住民は強制的に移住させられ
空き地となった土地に日本からの農業移民が入植し
吉野村などの日本人村が作られてゆきます。


七腳川事件に関する報道番組


原住民からみれば
七腳川事件」はこうなるのです。
http://tw.myblog.yahoo.com/rina-hem/article?mid=75

七腳川
事件紀念館もあります
http://www.abohome.org.tw/index.php?option=com_content&view=article&id=4341:2009-12-01-04-28-28&catid=73:2008-10-22-22-16-20&Itemid=132

「理蕃」と呼ばれた原住民制圧の戦いがいかに凄惨だったかは、この
資料の12頁からの従軍記をお読み頂ければよくわかると思います。
http://dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/bitstream/2065/13087/1/AjiaTaiheiyo_09_00_008_Goto.pdf#search=%27%E4%BD%90%E4%B9%85%E9%96%93%E7%B7%8F%E7%9D%A3%20%E7%90%86%E8%95%83%27


吉野村移住関連

吉野村関連などの当時の新聞記事(時系列)

大正6年(1917)
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?METAID=00472075&TYPE=IMAGE_FILE&POS=1

大正11年(1922)
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?LANG=JA&METAID=00490353&POS=1&TYPE=IMAGE_FILE

(参考:大正11年開通花蓮台東間列車関連)

http://ktymtskz.my.coocan.jp/agia/daito.htm

昭和3年(1928)
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?LANG=JA&METAID=00474308&POS=1&TYPE=IMAGE_FILE

昭和10年(1935)

http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?LANG=JA&METAID=10025779&POS=1&TYPE=IMAGE_FILE

移民を送った側(徳島)からの考察 
(PDFをAdobe等で開けて読んでください
www.lib.tokushima-u.ac.jp/repository/file/54455/20120223145904/LID201202232001.pdf#search=%27%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E6%9D%B1%E5%8F%B0%E6%B9%BE%27

吉野村は現在「吉安郷」と言う地名になっています。
日本統治時代の吉野村建造物を残す運動も行われています。



西元1917年,日人為了安定遠渡重洋開墾思念故鄉的日本民心,
為了提供一個讓日人移民安定的力量,也為了傳教,
一位名為川端滿二的長者,於是決定在此籌建屬日本真言宗
­野派的『吉野布教所』,即現今的『慶修院』。
慶修院在當時除了是日人的精神信仰中心外,並具備了醫療所、
課堂室及喪葬法事服務處等多種功能



吉野村のお隣、花蓮関連


花蓮港の「港」工事中の動画(7分過ぎから)


日治時代にあった神社跡
http://blog.goo.ne.jp/jinjya_taiwan/c/07472cdd73ebc9421a8ec327bf3ef188/3


参考 台湾の原住民
http://www.dmtip.gov.tw/JP/amis.htm


参考 当時の生活記録 特に3を
ww3.kumagaku.ac.jp/research/fa/files/2011/11/4d169cf22f35eb5f4f4ef0ffcde81849.pdf#search='日本統治下の花蓮港'

参考 片桐さん
HPは http://shinyi.net/