日本統治(日治)時代は高砂族と呼ばれた
美麗島の原住民の資料を調べる上で、
日本の統治時代の台湾の地図と
現在の美麗島の地図をクロスオーバー出来る、
無料サイトはないかとNET徘徊した。
美麗島ではこの種の地図が販売 されているのだけれど
いかんせん高く、さらに持ってくるのが重くて・・
日本で買えるものは超高価でおいそれとは買えない。
徘徊しているうちに、地図 は版権問題で
無料サイトには出にくいなどという説明もあり
気分は凹。こんなの見つけたくらい。

美麗島割譲頃の地図
日治時代の台北地図2万5千分の1

ようやく見つけたサイトは有料のサンプル版でした。
ここの中段(地図)と下段(google map)は
日治地図をクリックすると重ねられる優れもの
それにつけても
日本統治時代派出所がなんとの多いこと。



日治時代だから当然日本制作地図もあるのですが、
これは軍機密。今は電子化されて一部が閲覧可能です。

例えば霧社事件の霧社の5万分の1の地図(昭和13年修正)
http://dbs.library.tohoku.ac.jp/gaihozu/ghz-dtl.php?fm=l&ghzno=TH500819

そうこうしているうちに、こんな地図を発見。
終戦直前の米軍の地図です。
軍事施設や官公庁、学校と病院が詳しく記載されている
所を見ると、空爆用の地図ではなかったのかと思う。
大東亜戦争で美麗島は米軍の空襲を受けています。

台北市 日本の町名がローマ字表記されている。
http://www.lib.utexas.edu/maps/ams/formosa_city_plans/txu-oclc-6565483.jpg

その他の台湾の都市はここから見ることが出来ます。
http://www.lib.utexas.edu/maps/ams/formosa_city_plans/

終戦後は日本の地図も発行されています。
サンプル 東京 日本橋
http://www.lib.utexas.edu/maps/ams/japan_city_plans/txu-oclc-6549645-12.jpg

昭和30年代の東京の地図と写真が
一緒に見ることも出来ます。

http://showa.mainichi.jp/map/

究極の地図はパラパラ地図。